ブログをご覧いただきましてありがとうございます。

TCS-project底地借地担当の長坂です。

さて、タイトルにもございます通り、先日底地のお取引をお手伝いさせていただきました。

大田区内で底地を所有されていた地主様より売却の依頼を受け、借地人様に対して購入を勧めるといった内容です。

土地の賃借を開始してから実に50年以上も経過している土地でした。

 

先ず借地人様に対して、売却に至る経緯や考え方をご説明いたしました。

が、永年貸借してきた土地を売りたいから買ってほしい、なんて、すぐに受け入れられるものではありません。

「更新を期に」「相続前に」とか「もしよかったら」などといった理由付けでお伺いしていたら、このお話はまとまっていなかったのではないかと思います。

 

底地においては、所有している地主様にとっても売却メリットがあり、借りている借地人様にも購入メリットがあります。

 

次に、借地人様に対して購入しない場合のリスクと購入メリットをお伝えいたしました。

借り続けていた場合の地代支出と更新料支出、建物建替え時の承諾や承諾料支出、第三者への売却の可能性や資産価値の向上などなど。

それに伴い、購入するにあたっての底地評価についても査定書を作成し報告させていただきました。

購入にあたり微力ながら資金繰りのお手伝いもさせていただき、最終的に底地購入をご決断していただきました。

お客様曰く、

「自分自身ではこの決断はできないし、ずっと借りたままでいたと思う。購入を決断でき、最初にお話をしてくださった地主さんと御社に感謝しています。」

とお褒めの言葉をいただきました。

 

地代は少額なため、まとまった支出となる購入を選択される借地人様はごく一部です。

そのため「このままで良い」と考える借地人さんはもちろん、地主さんも多くいらっしゃるのが現状です。

弊社は、正確で正しい知識をもって地主様・借地人様を後押しできるよう、今後も精進して参ります。

底地や借地に対するお問い合わせはお気軽にお申し付けくださいませ。

皆様からのお問合せをお待ちしております。