日本の住宅は平成30年に約6,242万戸(総務省統計局より)あるとデータがあります。これは別荘や賃貸住宅の1部屋も含まれての数字になります。

かわりまして、空家の件数はどれくらいか想像つきますか?

「8,489,000戸」

8件に1件が空家の状態です。しかも前年比3.6%増加しています

またこんな数字もあります。平成26年空家実態調査によりますと空家となった住宅を取得した経緯の理由ダントツで1位が

「相続して取得 56.4%」

空家は日々増えていっています。ですが、日本の新築住宅供給戸数はまだまだ増えています。

さて、勤務地に近い東京都近郊にお住いの方はご実家どうされますか?

引き継ぐ? 相続? 売却? その前に片付けどうする? 今からできることって何?

簡潔に答えますと、

その家の持ち主のあなたや家族はどうしたいですか? また、あなたの考えを家族は知ってますか?

自身の気持ち、希望をはっきりさせることが最初の1歩です。遺品整理、形見分けも同じです。残す人の意志があって初めてそのリスクや経過を予測ができます。

片付けましょう。まずは自分の気持ちを書き出してみましょう。そして家族と話してみましょう。それが空家対策、片付けの第1歩だと思います。

今は空家特例という税制優遇があります。不動産を売却することは家族の意思がそろって初めてできることだと私は思います。この税制優遇を使うのも一つの手ですが、まず気持ちの片づけをしましょう。それこそ不動産の売却成功の秘訣かもしれません。

片付け方は人それぞれ、不動産も同じものはひとつとしてありません。

あなたの「こうしたい」にじっくり耳を傾けて私なりの答えを出します。個別相談はお問い合わせよりお願い致します。